LISTENERS

KEYWORDS

    ミミナシ

    人類を襲う、謎の生命体。
    いつ・どこで・どうして産まれたのか、その正体を知る者は誰もいない。

    祈手(プレイヤー)

    自身の体に開いた穴(インプットジャック)とAMP(アンプ)を接続することによって召喚されたイクイップメントを操ることができる能力者で、ミミナシに対抗できる唯一の存在。
    インプットジャックの場所は祈手によって異なる。

    イクイップメント

    祈手がミミナシと戦う際に使用する戦闘メカ。
    真空管(コアパーツ)の力を増幅するAMPと祈手がジャックインする事で召喚される。

    フェス

    対ミミナシ大規模会戦の通称。
    その中でも最も大規模だった10年前のミミナシ掃討作戦、「プロジェクト・フリーダムフェスティバル」の際には、多くの祈手の参加と共に、謎の祈手、ジミ・ストーンフリーも切り札として投入された。
    しかし、予期せぬ出来事により計画は失敗に終わり、世界は停滞している。

    AMP(アンプ)

    祈手と接続することでイクイップメントを召喚できる筐体。
    自作することも可能だが、機能を発揮するには「コア・パーツ」と呼ばれる特殊なパーツが必要となる。
    もともとは、祈手の意志を増幅(Amplify)するための装置だったと推測されている。

    コア・パーツ

    真空管に似た外見をしている、AMPを動かすためのパーツ。
    祈手たちはそれぞれ、自分のコア・パーツを所持しており、AMPとコア・パーツ、そして祈手自身の能力の組み合わせが、召喚されるイクイップメントの性能を左右する。
    またミュウのコア・パーツは、ミミナシが近づくと反応するようだ。

    リバチェスタ

    10年前に行われた大規模なミミナシ掃討作戦、通称「プロジェクト・フリーダム」の舞台となった街。
    当時は大勢の人々が押し寄せ大きな賑わいを見せたものの、作戦の失敗により街はガレキの山に。
    その後も、各地から送られてくるゴミを資源に換えながら、人々は細々と暮らしている。

    メルレの森

    リバチェスタの郊外に広がる巨大な森。
    森に迷い込んでしまった旅人は、そこから出ることができずに彷徨い続け、ついにはミミナシになってしまうと言われており、誰も住む人のいない無人の森がどこまでも続いている。

    トレモロ技研

    かつて「プロジェクト・フリーダム」で中核的な役割を果たした某国の国王、ケヴィン・ヴァレンタインが所長を務める研究所。
    ガラス張りの空中要塞で空を移動しながら、世界各地に散らばるイクイップメントの残骸や、失われたテクノロジーの収集・研究を行う。
    副所長は、ケヴィンのパートナーで、騎士団長だったビリン・ヴァレンタイン。

    フリーク・シーン・アカデミー

    ミミナシの襲撃によって孤児となった各地の子供たちを保護、育成することを目的に創設された学園。祈手としての素養を備えた子供たちも通っていることから、基礎教養の授業のほか、イクイップメントを用いた演習も行われている。学生たちは、この学園を卒業した後、ミミナシとの戦いに投入される。

    ペイズリー・パーク

    「紫の貴公子」の異名を持ち、各国から一目置かれている祈手、殿下が管轄する小国家。イメージカラーである紫色の雨が街を覆い、歓楽街には怪しげな店が立ち並ぶ。街の中央に浮かぶ、通称「銀河宮殿」は、実は殿下のイクイップメント「MESA(メサ)」である。

    ノームの国

    「ミミナシと人類の共存」を謳う小国家。ミミナシとのコミュニケーションを取る、独自のテクノロジーを発展させ、その優れた技術を買われて10年前の「プロジェクト・フリーダム」に参画した。しかし、その事で悲劇に見舞われた事で、周辺の国々と断交する決断に至る。今ではその所在も含めて不明な部分が多い。

    ロンディニウム

    現在の世界において最も強大な軍事力を誇り、また最もミミナシとの戦闘に意欲的な国家。エース元帥が最高指揮官を務めるロンディニウム軍と警備隊が国家を統帥しており、街の中心部に建設された堅牢な監視塔「ウォッチタワー」が、日々、ミミナシの動向を監視している。ミミナシとの戦線における最前線である為、ウォッチタワー周辺はスラムと化し、荒れ果てた街並みが広がっている。

    クラークスデイル

    見渡す限り広大な畑が続く、人気のない片田舎。どこかこの世ならざる雰囲気を漂わせたその土地には古ぼけた教会が静かに佇み、その中には古来からの記録と記憶が積み重なり保存され続けているという。